台湾の原住民音楽

「布古拉夫(Buklavu)」


ビユン(Biung/王宏恩/ワン・ホンエン)のデビューアルバム「獵人(狩人)」に収録されています。


今年の3月に妹と4歳の姪&母とともに台北の士林夜市に行きました。
私は精力的に買物するつもりでしたが、音楽好きの姪は美食廣場前のステージに釘付け。
その日は土曜日ということもあってか、キリスト教系のイベントが行なわれていました。
結局、夜市観光は全くせず、ステージ前の椅子に座って生演奏を聴くことに。

何組かの(おそらく)素人のグループが歌を歌いましたが、姪は見たいと言った割には演奏が終わって周りが拍手をしても無反応。
最後に原住民女性のグループが登場し、原住民音楽に合わせて踊りを披露。
姪は曲が終わったとたん力強い拍手をしていました。
子供は正直ですね~。好きなものしか褒め称えません。
妹曰く、「この子は民族的なものが好きなの。マオリにも興味があるみたいだし」とのこと。

この方たちのステージは2~3曲だったかと思います。
途中、ステージ上から「立って一緒に踊って!」と誘われ、姪が踊りたそうだったのでみんなで付き合いました。
楽しかったけど…。親って大変ね。

最後に、「ステージの前に来て踊って」とさらにバージョンアップしたお誘いが。
母と私には行く理由が全く見つかりません。
しかし、姪は表情には表れていませんでしたが気持ちはノリノリだったようです。妹とともにステージ前に出て行きました。
私の隣に座っていた台湾人の中年女性も私に「このバッグ見ていて」というようなことを言い残しステージ前へ。貴重品は身につけていたみたいですが…。
そのときの音楽が、「布古拉夫(Buklavu)」だったと思います。


この後、姪は美食廣場の中で金魚すくいを経験しましたが、果たして楽しかったかは謎。






↓Mana Lotus入り口です。

■  [PR]

by dripadrop | 2008-10-08 22:20 | 音楽 | Comments(2)

Commented by sadasan3621 at 2008-10-18 22:00
mieさん久しぶりです~~

曲聞かせてもらいました、私好きです!この曲。

mieさんと違って、私はアジアの事を全然知りません。

もちろん、これから訪ねる事も出来るかわかりません。



でも・・・
興味は沢山あるので、mieさんところは私のアジアへの興味の扉を少しづつ開けてくれるところだな・・・っていつも思って楽しませてもらっています。
これからも色んな事、見せてくださいね。
期待してます。
Commented by dripadrop at 2008-10-19 22:14
kohanaさん、ご無沙汰です~。
先日「引き出し」にお邪魔しました。
調理師免許おめでとうございます。
素晴らしいです。うらやましいです。

この曲いいでしょ~。私も好きです。
今CD買おうか迷っています。
民族音楽は癒してくれます。

期待だなんて…。恐れ入りますぅ~。
すみません。最近このブログ台湾に特化しつつありますね。
がんばりまーす^^